fc2ブログ

究極の問題解決法 ―「泣き女」

No73
Day73Photo.jpg

悲しんでいる人たちは、幸いである、彼らは慰められるであろう。
Blessed are those who mourn, for they will be comforted.
(マタイ5:4)


 皆さんこんにちは。日本も寒そうですね。イギリスも寒いですよ。コーヒーを煎れても、すぐにアイスコーヒーになってしまいます。:)

 さて、今現在、持続可能な開発目標(SDGs)を世界で真剣に考えているのは、私と、このブログを読んで下さる方々だけ(?)になってしまいましたが、引き続きネタにして楽しみましょう。:)

 実は、SDGsには基本となる考え方があります。

Day73picture8.jpg



"誰ひとり取り残さない" No one will be left behind
 すべての人のための目標の達成をめざし、もっとも脆弱な立場の人々に焦点をあてます。

5つのP - People, Planet, Prosperity, Peace, Partnership
  人間、地球、豊かさ、平和のための目標であり、国際社会のパートナーシップにより実現をめざします。

 人間 (people)  – すべての人の人権が尊重され、尊厳をもち、平等に、潜在能力を発揮できるようにする。貧困と飢餓を終わらせ、ジェンダー平等を達成し、すべての人に教育、水と衛生、健康的な生活を保障する
 地球 (planet) – 責任ある消費と生産、天然資源の持続可能な管理、気候変動への緊急な対応などを通して、地球を破壊から守る
 豊かさ (prosperity) - すべての人が豊かで充実した生活を送れるようにし、自然と調和する経済、社会、技術の進展を確保する
 平和 (peace) – 平和、公正で、恐怖と暴力のない、インクルーシブな(すべての人が受け入れられ参加できる)世界をめざす
 パートナーシップ (partnership) – 政府、民間セクター、市民社会、国連機関を含む多様な関係者が参加する、グローバルなパートナーシップにより実現をめざす



 一見、素晴らしい考え方に見えますが、よく注意してご覧下さい。

 「誰ひとり取り残さない」は、それに続く文章がありません。

 「誰ひとり取り残さない」で、どこに行くのか、書いてありません。

 私は、ぜひ、天国に行くことを希望いたします。:)


◎まずはみんなで泣いてもいいではないか◎

 中国の古典などを読むと、「泣き女」という葬式の盛り上げ役が出て来ます。調べてみると、中国だけでなく、古今東西どこにでもあるお役柄のようです。

 「泣き女」とは、その葬式の悲しさを盛り上げるために、家族以上に大げさに泣いて、場を「悲しみで盛り上げる」事を職業としています。おそらく、未亡人などの年老いた女性たちの、生活の糧としての機能を果たしていたと思われます。

 私の故郷では、それが女性たちの「念仏」を唱える事業に繋がっているように思われます。

 コメディドラマなど見ていると、笑いのツボの部分に、音で「笑い」が入ります。見ている方は、自分が面白くなくても、その合間の「笑い」で、「ああ、ギャグだったんだ」と思わせられる仕組みになっています。

 古代ギリシャでは、演劇が盛んだった事は、皆さんご存じだと思いますが、その演劇スタイルは、現在のものとは少し違っていたようです。初期には、俳優による「朗読」に近い形だったと言われています。そこに、「コロス」と呼ばれる合唱隊が、話の内容に合わせて、人々の感情を引き起こすような抑揚ある声を出し、場を盛り上げます。台本にもきちんと「コロス」の役割やせりふがありますから、とても重要なお役目です。

 映画のBGMのような働きをしたのでしょうね。またコロスが劇の中の「泣き女」のような効果を出したのでしょう。


◎なんでいきなり泣き女の話をしたかというと◎

 SDGsの17の目標のうち、2番目にあたる「飢餓の撲滅」について調べているうちに、その悲惨な状況に、私はちょっとショック状態になり、頭の働きが止まってしまったからでした。

 飢えに苦しむ人の数は2019年に約6億9,000万人にのぼり、2014年から増加していて、5年間で6,000万人近く増加したと推定しています。2018年から19年の間だけでも1000万人も増えました。

Day73picture1.jpg

 これは世界人口の8.9%にあたります。SDGsでは「2030年までに飢餓を失くす」ことを目標にしていますが、予測ではゼロになるどころか8億4140万人に増加する見込みだそうです。

 世界的に見て、アジアが飢餓人数が高いですが、将来的には改善し、アフリカの飢餓が高まるだろうと予想されています。

Day73picture2.jpg

 日本も他人事ではありません。特に日本では、シングルマザーの世帯が、厳しい生活を強いられている事が分かります。(詳しい内容は下記参考資料にて)

Day73picture3.jpg
 
(資料は『ネクストサピエンス』様からお借りしました)

◎まずはみんなで泣こう◎

 これまでも、多くの政府機関や民間機関などが、貧困国を支援してきたでしょう。しかし、飢餓の克服は、いつになっても達成出来ません。そこに住む人々の自立と自律しか、本当の道はないのだと思います。自分たちの食料を自分たちで作る以外に、飢餓を解決する道はないと思われます。

 アフリカの豊かな大地を欧米人が侵略しなかったら、アフリカには貧困はありません。アジアの国々を欧米人が侵略しなかったら、もっと豊かな国々だったでしょう。

 しかし、500年続いたヨーロッパの侵略に、世界中が苦しめられ、現在の貧困を作っている原因があるとして、果たして、その怒りの矛先をどこへ向ければいいのでしょうか。

 私も農家の娘として生まれ、農地を維持する大変さを子供の時から知っています。それは一代では出来ません。また一人では出来ません。基盤整備、安定的な水の確保、地域の天候、土壌の栄養など、農業に適した土地にするまでに、時間や労力がかかります。土地にあった品種改良の歴史も必要でしょう。

 また、収穫物を皆で均等に分ける、賄賂、汚職、強奪のない環境、一年を通して辛抱強く土地を維持する規律など、人間としての「自律心」がないと、農業の維持は難しいものです。

 その土地に合った生活、自然と共に暮らす生活を、全て踏みつぶされてしまった後の世界で、何が「地球を破壊から守る」なのでしょうか。まずは、人間の心根から直さなければ、おそらく地球は回復しません。

 私たちは、傲慢の限りを尽くしたのだと思います。ここは、問題の解決などと、さらなる傲慢さを繰り返すことなく、まずは皆で泣きましょう。

 なぜ、私たちは、これほど豊かな国において、未だに食べる物に困っている母子家庭をほっておけるほど、冷たい人間なのか。

 なぜ、私たちは、これほど神が豊かに美しい自然を、私たちに与えてくれたことに感謝もせずに生きているのか。

 なぜ、私たちは、自分の食料一つ育てられないほど、落ちぶれてしまったのか。

 どうして、これほどの飢餓を私たちは作り出したのか。

 まずは、皆で泣きましょう。泣いて泣いて、悲しみましょう。

 そして、神にその悲しんでいる姿を見せましょう。その嘆きを示しましょう。自分の醜さを省みましょう。それが出来ないうちは、どんな問題も解決出来ないと、私は思うのです。


 「人の内側から出るもの、それが問題です。肉欲、盗み、殺人、姦淫、 貪欲、邪悪、あざむき、好色、ねたみ、悪口、高慢、あらゆる愚かさ、それらのものはみな、人の心の中からあふれ出ます。この内側から出て来るものが人を汚し、神にふさわしくない者とするのです。」
 (マルコ7:20-23)  

 今の私は飢餓状態にある方々とご一緒に、泣く事しか出来ません。


【参考資料】 
資料:ネクストサピエンス様からお借りしました






~健康TIPS~ ローズ

 昔から、バラは「愛」を象徴してきました。喜び、祝い事、感謝の印として、贈り物として利用されます。
 また「美」のシンボルともされ、自分に自信を持つ、人間同士の愛を育てる、幸運をもたらす、幸福や信頼を導くとも言われてきました。
 バラの花びらは、紅茶に入れると、リフレッシュ効果が高く、新鮮な気分を呼び起こしてくれるでしょう。寝室などをお祈りの場所にしている方は、花びらを置くと神聖な空間を守る効果もあります。
 ローズオイルは入浴の際に、直接、数滴お風呂に入れて使う事が出来ます。悲しみや、メランコリックな気分をやわらげ、幸福感を高めてくれると思われます。


追記:いつも応援ありがとうございます。気に入っていただけましたら、ぜひクリックしてご評価お願致します。


ツイッター版:日本時間夕方6時から30分ほどの「静かなリツイートライブ配信」を、毎日行っております。是非ご参加下さい。新規参加者歓迎しております。



#神に至る道 #イギリス #イエスの言葉 #聖書 #読書 #本 #生涯学習 #イエス #信仰 #未来のビジョン #未来 #アジェンダ2030 #飢餓をなくす 
広告
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

地の塩 世の光

このブログは無料で公開されております。
皆様が幸せな日々を過ごせますように。

X 版

地の塩 世の光

~あたたかい言葉集~

信仰に役立つ情報

日本時間夕方5時から毎日ライブ

ブログ更新通知登録ボタン FC2

★ブログは毎週火曜と金曜の朝に更新予定★
★通知をご希望の方は下記ボタンにて★

最新記事 (サムネイル付)

神の預言と神の警告 Apr 16, 2024
その名は「月光仮面!」 ~イエス最後の警告~ Apr 12, 2024
【緊急投稿】 演説には聖書からの引用を Apr 09, 2024
より聖くあれ! ~もし迷ったならば選ぶ道~ Apr 05, 2024
福音の奇跡 心の目を自分に向ける Part2 Apr 02, 2024
イエスを十字架に追いやった者 Mar 29, 2024
マルタの回心 Mar 26, 2024
恐れるな! Mar 22, 2024
神の法則 「一粒の麦」 Mar 19, 2024
ほめ言葉に要注意 Mar 15, 2024
おいしい者になるために ~聖書で語られる塩~ Mar 12, 2024
天使もうらやむ人間の経験 Mar 08, 2024

広告Text

Penguin Club

The Christian Church

バイブル・ベルトのバックル:米テキサス


礼拝メッセージ

By 中尾フィリップ牧師

ホームページへ


関連記事:悪魔の存在
関連記事:聖霊とは

聖書について

どの聖書を選んだらよいか分からないという方のために、リストをあげておきました。


日本聖書協会

『新共同訳』1987年

『聖書協会共同訳』2018年

カトリック・プロテスタント共同で使用され、日本で一番発行部数が多い聖書。特に新共同訳の聖句は、信仰者以外の方々にも引用され、とてもなじみやすいと思います。


いのちのことば社

『新改訳 第3版』2003年

『新改訳 2017』2018年

プロテスタント教会のみで使用されます。『新改訳 第3版』が未だに人気があり、ご購入の際は、必ず各教会にご確認下さい。


私が使用している聖書

『リビングバイブル』JCB

『NIV』英語

『ESV』英語

『KJV』英語

リビングバイブルは、日本語として読みやすいため、私のブログで主に引用しております。意訳の度合いが大きい場合、英語の聖書で確認し、他の聖書を採用させていただくことがあります。


聖書の無料アプリも充実しています

YouVersion


また上記の聖書以外にも、優れた翻訳の聖書があります。
くれぐれもカルト宗教の聖書は避けるようにして下さい。

広告A

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

応援ありがとうございます!

広告B

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

ご注意

1:このブログの著者は、特定の宗教団体に属していません。聖公会の教会に通っております。また、ブログで扱うキリスト教の教理は、米国プロテスタント教会の諸牧師先生方からの教えに基いております。但、ブログ内の記述は、著者に全ての責任があり、諸先生方には全くの責任はありません。2:取り上げる聖句は、いくつかの聖書を比べて、統合し、著者が翻訳を変えることがあります。ご了承下さい。お持ちの聖書でご確認する場合に備え、引用箇所は正確に記述しています。3:キリスト者としての伝道の一環としてブログを書いております。広告は行っておりますが、勧誘行為、献金催促は一切行っておりません。収入が発生した場合は、ボランティア団体への寄付及び活動費へ使用させていただきます。4:聖書の正式な学びは、お近くの正規の各教会または神学校等にお問い合わせ下さい。5:ブログは無料で開放しております。リンク・引用・再利用はご自由にどうぞ。出典明記だけお願いいたします。